利尻島で 一流シェフが腕をふるう 料理・お宿『たにかわ庵』

「利尻の海産物は味もしっかりしていて、香りも魅力的」と話す たにかわ庵オーナーシェフ 谷川さん

和食とフレンチの腕を振るう『たにかわ庵』のオーナーシェフ、谷川さん。アメリカや世界各国で名高い日本食ブームの先駆けとなった“NOBU Resturants ノブ・レストラン” 松久信幸氏の元で修行を重ねた事もある一流シェフだ。

https://noburestaurants.com/tokyo-jp-jp/home/ 

一流とつくとどうしてもお値段が高い店と思いがちだがそうではない。島民も足繁く通う地元ファンが多い店だ。昼食・夕食も営業しているが繁忙期は“超”がつくほど忙しい。

ロース・ステーキ丼 (ペシ岬丼)
舌鼓してしまう料理が並ぶ

昼食は、日替わりランチが大人気。日替わりランチと侮る事なかれ!これまた“うまい”と唸らせる。かつて利尻島はにしんで栄えた事から、にしんそばのオーダーを観光客からよく受ける。食べごたえ抜群で若い人から人気なのが通称『ペシ岬丼』だ。

ペシ岬盛1,200円は牛100gでボリューム満点だが、利尻富士盛2,000円は倍の200g。これを食べれれば若い人でも納得いく量だ。

たにかわ庵はペシ岬の入口にある。利尻島の玄関口である鴛泊港に高さ93㍍の崖がそびえ立つペシ岬の姿と、島のシンボルである利尻富士をモチーフにして、飾らない気軽で楽しめる、ボリューム満点の食べ物をと思いから創作。

谷川シェフは海外勤務をした経歴もあるので、英語も話せ、誰に対してもOpen-mind(オープンマインド)の持ち主だ。その為か、国内はもとより、口コミで海外からのお客様も数多い。

団体客の受入も問題ない。レストラン奥には大広間の和室が二部屋もあるので、グループ旅行されるお客様にもよく利用されている。団体でご利用の場合は、前もって予約をするといいだろう。

たにかわ庵 入口

料理/お宿 たにかわ庵

  • 住所:利尻富士町鴛泊字港町
  • TEL:0163-85-7226
  • 営業時間(昼):11:30~13:30
  • 営業時間(夜):17:30~21:00
  • 定休日 問い合わせ要